本文へジャンプ

腫瘍センター

2021年04月01日 現在

部長から皆さまへ

がん医療の進歩は目覚ましく、同時に多様化・複雑化しています。そこでこれからのがん医療には診療科横断的、職種横断的な総合力を持って対応にあたることが要求されます。当院の腫瘍センターは、これらの実践を通した患者さん満足度の高いがん医療の提供を目指しています。がんゲノム医療などの最新医療の提供はもちろん、生活の質を考慮したがんサポーティブケア(耐える治療から少しでも楽な治療へ)、妊孕性温存、就労支援を含む患者さんとご家族の社会的なサポートなどに対しても関わってまいります。また、本邦において未だ不足しているがん医療を専門とする多職種からなる人材の育成にも力を注いでまいります。
何卒よろしくお願いいたします。


センター長 宇和川 匡

診療内容

  • 外来化学療法室、緩和ケア診療部、がん相談支援センター、院内がん登録室から構成
  • 以下の診療・支援・情報提供を行う
    • がんゲノム医療(がんゲノム医療連携病院)
    • 緩和ケア医療
    • がん薬物療法
    • 原発不明がんの診療
    • キャンサーボードのコーディネート
    • がん患者の治療と職業生活の両立支援
    • がん医療に関する相談と情報提供
    • 「がん診療連携拠点病院院内がん登録標準登録様式」に基づいたがん診療の実態分析
    • がんと将来の妊娠(がん・生殖医療)に関する相談と情報提供

構成部門と責任者

構成部門概要責任者
外来化学療法室がん薬物療法島田 貴
緩和ケア診療部緩和医療塩田 祐子
がんゲノム医療推進室がんゲノム医療宇和川 匡
有害反応対策室がん薬物療法副作用対策永崎 栄次郎
院内がん登録室がん診療の統計分析小島 博己
がん相談支援センターがん診療の支援紙屋 友紀(看護師)

当診療科の得意分野・特色

外来化学療法室

腫瘍センターの一部門として組識された外来化学療法室は、リスクの高い抗がん剤や悪性腫瘍に対する治験薬の投与を集約し、安全で快適かつ効率的な治療環境を提供します。現在の利用患者数(延べ人数)は約600人/月です。
外来化学療法室では、抗がん薬の投与、治験薬による治療、化学療法に伴う輸血療法、がん患者の緩和医療や支持療法を行っています。
がん薬物療法は、十分な知識と経験を有する医師が施行し、外来化学療法室に付設された無菌ミキシングルーム内で、担当薬剤師が薬剤の調製業務を行います。
チーム医療の一環として専任看護師が、化学療法による爪・指の障害に対する冷却手袋(frozen glove)や、口内炎に対する口腔冷却などの支持療法を積極的に行い、化学療法によるすべての副作用の軽減を目指して努力しています。
外来化学療法室の病床数は23床(ベッド5床、リクライニングチェア18床)で、BGMが流れ観葉植物などを 配した静かで快適な空間を提供しています。リラックスして治療を受けられるように、DVD付テレビを用意しています。各種パンフレットなどを備え、医療情報の提供の場としても活用されています。

外来化学療法室

緩和ケア診療部(緩和ケアチーム)

緩和ケアチームは、がん患者さんの痛みや身体の「つらい」症状を緩和し、病気に対する不安などの精神面の「つらさ」をできるだけ和らげ、患者さんの生活の質を高めるための支援を行っています。緩和ケアはがんと診断された時から開始され、がん薬物療法と併行しても行われます。
当院では、主治医からの依頼に基づいてチームメンバーが診察・治療(WHO方式に基づいた薬物療法を中心として)、ケア・相談にあたります。専門チームが緩和医療を提供し、様々な「つらさ」を抱える患者さんを支援致します。問題を多面的に検討し、その方に適した症状緩和方法を見出すため、多職種のメンバーで構成されていることが特徴です。医師や看護師、薬剤師が連携し、患者さんの身体的、精神的ケアを行っています。また、在宅ケアを望む患者さんやご家族の相談に応じるとともに、患者支援・医療連携センター(在宅療養支援部門、医療福祉相談部門)などと連携して在宅療養への移行がスムーズにできるようサポートしています。
院内関係者に対しては、セミナーや講習会を開催し、緩和ケアに関する啓発を行っています。構成メンバーは以下の通りです。

  • 身体症状を担当する医師(専従):主に痛みや息苦しさ、吐き気などのつらい症状を和らげる支援をします。
  • 精神症状を担当する医師(専任):主に不安や気分の落ち込み、不眠やイライラなどの苦痛を和らげる支援をします。
  • 看護師(専従):療養生活の問題に関わり、必要な緩和ケアが行えるように調整を行います。 日々の生活が豊になるような工夫を一緒に考えます。
  • 薬剤師(専任):患者さん、ご家族に対して苦痛を緩和するために必要な薬剤の適切な服用方法、副作用の説明など、薬が効果的かつ安全に使用できるよう支援します。 医師や看護師に対して専門的なアドバイスも行います。
  • その他、栄養士、鍼灸師、在宅支援看護師、ソーシャルワーカーなどがメンバーに加わり柔軟に対応しています。

がんゲノム医療推進室

2015年1月、米国のオバマ前大統領が一般教書演説の中で”Precision Medicine”の開始を宣言し、がんゲノム医療が世界で一気に認知されるようになりました。そして日本においてもがんゲノム医療が保険診療で可能になりました。今までのがん薬物療法は、がんが発生した臓器(原発臓器)によって治療法を統一し、各種ガイドラインに沿った科学的根拠に基づいた治療を行ってきました。この治療は、今後もがん治療の中心的役割を果たすと考えます。一方でがんゲノム医療は、同じ臓器から発生したがんをひとくくりにするのではなく、同じ臓器から発生したがんであっても個別のがんととらえたオーダーメード治療(個別化治療)です。具体的には、個々のがんに対して治療に有益な遺伝子異常(これをアクショナブル遺伝子異常といいます)を見つけて、それにあった治療(分子標的治療)を行います。遺伝子パネル検査は、このアクショナブル遺伝子異常を見つけるための検査です。また、がんゲノム医療推進室は遺伝診療部と密に連携しており、遺伝子パネル検査で偶発的に遺伝性疾患の遺伝子変異が明らかになったり、疑われた場合でも、速やかに遺伝専門の医師や認定遺伝カウンセラーが対応できるサポート体制が整っています。
がんゲノム医療推進室は多くの部門と連携し、最適ながんゲノム医療の提供を目指しています。がんゲノム医療に関してお聞きになりたいことがあれば、『がん相談支援センター』にお問い合わせください。

有害反応対策室

有害反応対策室は、薬剤の副作用に対して、各診療科へ治療のサポートや薬物の情報提供を行うことを目的に設置されました。
がん薬物療法は日々進歩しており、新規薬剤が次々に登場しています。治療効果が向上している一方で、多彩な副作用が認められ、治療に当たる診療科だけでは対処できない場合があります。特に免疫チェックポイント阻害薬は免疫のブレーキを外すことで体内に免疫反応を引き起こし、頻度は高くありませんが時に重篤化します。
そのため、それぞれの専門家がチームとなり共同で副作用を管理する必要があります。有害反応対策室は、チーム医療を円滑に行うための窓口となり、各診療科に迅速に相談できる体制を整備いたします。
副作用が重篤化するのを防ぐためには、いかに早期発見し早期治療を行うかがポイントです。副作用の発現時期はさまざまであるために、患者さん自身で症状をチェックすることも重要です。そこで有害反応対策室では、薬剤の副作用情報を知ってもらうため、副作用に関する資料・パンフレットを作成し患者さんに配布し、職員に対しては定期的に講習会を開催し情報を共有してまいります。

がん相談支援センター

地域がん診療連携拠点病院とは、高度かつ専門的ながん医療の提供をはじめ、がん医療に従事する医師等に対する研修、がん患者さんやそのご家族に対する相談支援、がんに関する情報の提供、地域医療機関との連携協力体制の整備等を担う地域の基幹病院です。
今後も、当院はがん医療水準の向上を図るとともに、皆様に安心かつ適切ながん医療を提供するため、病院全体で取り組んでまいります。
当院では、院内外のがん患者さん、およびそのご家族の不安や疑問に適切に対応するため、「がん相談支援センター」を設置しています。がん治療に関する療養上の相談や悩み、疑問などについて電話、面談等により、専門スタッフが応対いたしますのでご利用ください。ご相談いただいた内容は了承なしに第三者に伝わることはありません。
なお、「がん相談支援センター」は、相談をお受けするところで、診断や治療の判断をするところではありませんので、ご了解ください。

ご相談内容

  • がんの疑いと診断されたけれども不安でたまらない
  • がんとの診断結果を受けた、どうしたら良いのか話を聞いてほしい
  • 介護や自宅での療養について知りたい
  • 緩和ケアやホスピスについて知りたい
  • 今後の医療費や生活費について不安なので相談したい
  • がんと診断を受けたけど将来の妊娠の可能性を残したい

お申込み・受付について

申込方法原則として予約制ですので、あらかじめお電話でお申し込みをお願い致します。なお、場合によっては、後日、当支援センター担当者よりお電話をさせて頂くことがあります。
受付日時月曜~金曜 9時~16時
土曜    9時~16時
※日曜、祝日、年末年始(12月29日~翌年1月3日)、当院の休診日を除く
相談時間原則として30分以内(無料)
対応窓口がん相談支援センター:ご相談、ご質問の内容に応じて当支援室・医師、看護師を中心に医療ソーシャルワーカーおよび事務員が対応させて頂きます。
電話番号03-5400-1232(直通)

がん相談支援センター

院内がん登録室

当院でがんの診断や治療を受けられた全ての患者さんを対象に、「がん診療連携拠点病院院内がん登録 標準登録様式」に基づき、診断情報・腫瘍情報・初回治療情報等に関する項目の登録・管理を専門の研修を受けたスタッフが行っています。これらの情報は、当院のがん診療の実態の把握、がん診療の質向上、がん患者さん・ご家族への支援に役立てるとともに、匿名化された情報をがん対策情報センター(国立がん研究センター)が行う全国集計に提出、国のがん対策の基礎資料に活用されます。また、全国がん登録にも届出を行っております。この院内がん登録により得られた情報は個人情報保護法および当院の個人情報に関する規程に従い、その取扱いには十分配慮し適切に管理されています。


        
院内がん登録集計
2018年度2017年度2016年度

各専門外来・外来診療

No

専門外来枠名称

概要

外来診察日

主な担当医師

1

肝・胆・膵がん

肝・胆・膵がんの薬物療法

月曜 (午後)

宇和川 匡

2

消化器がん

消化器がんの薬物療法

木曜 (午後)

荒川 泰弘

3

乳がん

乳がんの薬物療法

水曜 (午前)
金曜 (午前)
金曜 (午後)

田村 美宝
林 和美
永崎 栄次郎

診療スタッフ

センター長

宇和川 匡

診療医長

荒川 泰弘、永崎 栄次郎

診療医員

林 和美、田村 美宝

スタッフ

島田 貴(外来化学療養室長)、矢野 真吾(緩和ケア診療部長)、小島 博己(院内がん登録室長)、紙屋 友紀(がん相談支援センター主任 (看護師))

実績

項目2017年度実績
外来化学療法実施件数8,287件
緩和ケア外来患者数738名
院内がん登録件数3,591件
がん相談件数1,000件

  • 待ち時間をお過ごしの方、付添いの方

    カフェ、売店などの施設のご案内

    院内施設

    無線LAN無料接続サービス利用規約

  • 総合案内

    係員にご遠慮なくご相談ください。

    全面禁煙

    病院敷地内は全面禁煙です。

    マスク着用

    院内における感染防止対策のためご協力をお願いします。