本文へジャンプ

TOPICS

2021年03月08日

キムリア治療提供可能施設に認定されました

 東京慈恵会医科大学附属病院は、新規の細胞治療であるCAR-T細胞療法(キムリア)の治療提供可能施設として2021年2月9日に認定されました。


 CAR-T細胞療法(キムリア)とは、患者さんから白血球の中のT細胞を採取して、がん細胞を攻撃するように「キメラ抗原受容体(CAR)」を遺伝子導入して患者さんのT細胞をCAR-T細胞に改変し、それを患者さんに戻して治療します。再発・難治性のCD19陽性B細胞性急性リンパ芽球性白血病(25歳以下)およびCD19陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の患者さんに対する新しい細胞療法です。


 この治療が可能かどうかは専門的に判断しなければなりません。当院への受診につきましては、かかりつけの主治医にご相談いただき、その医療機関より当院へのご連絡をお願いいたします。


詳細についてはこちらをご覧ください。

一覧に戻る

  • 待ち時間をお過ごしの方、付添いの方

    カフェ、売店などの施設のご案内

    院内施設

    無線LAN無料接続サービス利用規約

  • 総合案内

    係員にご遠慮なくご相談ください。

    全面禁煙

    病院敷地内は全面禁煙です。

    マスク着用

    院内における感染防止対策のためご協力をお願いします。