本文へジャンプ

腫瘍・血液内科

2018年10月29日 現在

部長から皆さまへ

造血器悪性腫瘍、良性血液疾患、固形がんの患者さんに、エビデンスに基づいた最善の医療を提供しています。
カンファレンスでは専門医が中心となって多様な角度から患者さんの病態を分析し、個々の患者さんにとって最適な治療を決定します。
また複数の診療科、看護部、薬剤部、栄養部と密接に連携を取り、チーム体制で診療にあたっています。病気の状態や治療内容について、患者さんおよびご家族が納得するまで丁寧に説明いたします。


診療部長/教授 矢野 真吾

診療内容

  • 急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など造血器悪性腫瘍の診療
  • 造血器悪性腫瘍に対する分子標的療法と抗体療法
  • 難治性・治療抵抗性造血器悪性腫瘍の治癒を目指した同種造血細胞移植療法および自家末梢血幹細胞移植併用の大量化学療法
  • 食道がん、乳がん、膵がん、原発不明がんなど固形がんに対する集学的治療
  • がんゲノム医療(がんゲノム医療連携病院)
  • 治癒切除不能な進行・再発胃がんと古典的ホジキンリンパ腫に対する抗PD-1抗体薬療法
  • 貧血、血小板減少症など良性血液疾患の診療
  • キャッスルマン病の診断と治療


くわしくは腫瘍・血液内科ホームページをご覧ください。

当診療科の得意分野・特色

良性血液疾患、造血器悪性腫瘍、固形がん、キャッスルマン病などに対して専門医が診療を行います。エビデンスに基づいた標準治療と最新の研究的治療を駆使し、最善の医療を提供します。悪性腫瘍の制圧は私たちに課された最優先課題であり、造血器悪性腫瘍に対する化学療法と造血幹細胞移植療法、固形がんに対する集学的治療に力を入れています。また腫瘍センターと連携をとり、がんゲノム医療を推進してまいります。
白血病は日本成人白血病共同研究グループ(JALSG)の全国規模の臨床研究に、悪性リンパ腫は日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)のリンパ腫グループなどの多施設共同臨床試験に参加し、標準治療の開発に精力的に関わっています。また当科独自の臨床試験を立案することにより、患者さんにとって最適な治療が選択できるように努めています。造血細胞移植は、造血細胞移植班会議や関東造血幹細胞移植共同研究グループ(KSGCT)の多施設共同研究臨床試験に参加しています。
安全に治療を受けていただくように、副作用の管理にも細心の注意を払っています。悪心嘔吐対策や発熱性好中球減少症の管理、G-CSFの適正使用は、ガイドラインを遵守しています。合併症を有する患者さんに対しては、関連科と連携を取りながら、チーム医療を実践しています。またがんリハビリや緩和医療を推進し、自宅で生活をしながら外来治療が受けられるように配慮しています。特に就労や就学を継続しながら治療が受けられるシステム作りに力を入れています。さらに化学療法を受ける患者さんの妊孕性の温存も重要課題の一つと考え、婦人科や泌尿器科と連携を取り、妊孕性の温存に対応します。該当する患者さんがいた場合は、化学療法を行う前に精子凍結保存、受精卵凍結保存、卵子凍結保存を勧めています。
建学の精神「病気を診ずして 病人を診よ」を継承し、患者さん中心の医療を進めています。

  1. 意思伝達(情報収集とその共有・完全開示、コミュニケーションの充実)
  2. 専門性(専門的医療の推進)
  3. 診療科横断性(集学的医療の完整を目指す)
  4. 医療職種重層性(チーム医療の完整を目指す)
  5. 生涯設計(緩和的医療・看取りの医療)

外来化学療法室(左)/防護環境病棟(右)

患者数・症例数・移植件数等

外来診療は腫瘍・血液内科の外来で行っています。紹介患者は積極的に受け入れ、Fax予約やWeb予約にも対応しています。血液疾患の外来受診症例数は月平均1,200人余りで、2016年の新患数は、悪性リンパ腫67人、急性白血病24人、慢性白血病4人、多発性骨髄腫9人、骨髄異形成症候群14人、膵がん46人、胆管がん23人、肝細胞がん2人、肉腫(肝臓)1人、食道がん31人、十二指腸がん2人、大腸がん6人でした。2016年に行った造血細胞移植は48症例で現在までの実績は約800例以上です。また造血器腫瘍に対してミニ移植やHLA半合致移植も積極的に実施しています。

主な外来検査・処置・設備

外来は常時5~8ブース体制で種々の疾患に対応しています。特に血液疾患は骨髄穿刺、骨髄生検などの特殊検査も常時対応体制で即日診断を心掛けています。外来では輸血療法や瀉血療法も行っています。
急性白血病や造血細胞移植は防御環境病棟で行い、防御環境室も計26床で国内有数です。

各専門外来・外来診療

No

専門外来枠名称

概要

外来診察日

主な担当医師

1

造血細胞移植専門外来

造血細胞移植の診療

月曜(午後)
水曜(午後)

矢野 真吾
齋藤 健

診療スタッフ

診療部長

矢野 真吾

診療副部長

島田 貴

診療医長

宇和川 匡、齋藤 健、荒川 泰弘、南 次郎、永崎 栄次郎、横山 洋紀、神山 祐太郎

診療医員

勝部 敦史、林 和美、福島 僚子、石井 敬人、仲野 彩、田上 晋、田村 美宝、石見 公瑠美、服部 大樹

実績

造血細胞移植件数

関連リンク

  • 待ち時間をお過ごしの方、付添いの方

    カフェ、売店などの施設、
    携帯電話の通話可能エリアのご案内

    院内施設

    無線LAN無料接続サービス利用規約

  • スマイルカウンター(総合案内)

    バッジをつけている係員にご遠慮なくご相談ください。

    全面禁煙

    病院敷地内は全面禁煙です。

    マスク着用

    院内における感染防止対策のためご協力をお願いします。