本文へジャンプ

放射線治療部

2018年10月29日 現在

部長から皆さまへ

放射線治療部では年間約800~900人の、全身のさまざまな部位に発生した悪性腫瘍を持つ患者さんを治療しています。治療を受ける患者さんの年齢も小児から超高齢者まで幅広く、その病状や全身状態、また、それぞれの患者さんの社会生活などを考慮するとともに、手術や化学療法など他の治療法を含めて最適な治療法を選択しています。


診療部長/教授 青木 学

診療内容

  • 外部照射(ほぼすべての領域にわたる癌疾患)
  • 強度変調放射線治療:IMRT(脳腫瘍、頭頸部、膵癌、前立腺癌)
  • 定位照射(肺癌、肝臓癌、脳転移)
  • 低線量率小線源治療:組織内照射(前立腺癌)
  • 高線量率小線源治療:組織内照射および腔内照射(前立腺癌および子宮頸癌)


くわしくは放射線医学講座ホームページをご覧ください。

当診療科の得意分野・特色

全国でも有数の「集学的治療」

当院は、全国でも有数な頭頸部癌に対する集学的治療(手術、放射線治療、化学療法)の経験を有しており、現在ではほとんどの症例にIMRTによる高精度放射線治療を提供しています。

頭頸部癌に対するIMRT

泌尿器科領域

泌尿器科領域における組織内照射も特筆すべき症例数を誇ります。

前立腺組織内照射

診療スタッフ

診療部長

青木 学

診療副部長

小林 雅夫

診療医長

内山 眞幸

診療医員

福田 一郎、渡辺 憲、木嶋 良和

関連リンク

  • 待ち時間をお過ごしの方、付添いの方

    カフェ、売店などの施設、
    携帯電話の通話可能エリアのご案内

    院内施設

    無線LAN無料接続サービス利用規約

  • スマイルカウンター(総合案内)

    バッジをつけている係員にご遠慮なくご相談ください。

    全面禁煙

    病院敷地内は全面禁煙です。

    マスク着用

    院内における感染防止対策のためご協力をお願いします。