本文へジャンプ

画像診断部

2018年10月29日 現在

部長から皆さまへ

画像診断部では、CT、MRI、超音波検査、核医学検査を代表とする最先端の診療機器による高度で先進的な画像検査、さらに画像診断の技術を応用した治療(画像下治療)を行い、各診療科の診療を幅広く支援しています。
被ばく低減などにも十分に配慮しながら、医師、看護師、放射線技師が連携したチーム医療により、迅速かつ安全な医療の提供に努めています。


診療部長/教授 尾尻 博也

診療内容

  • CT、MRI など最先端の画像診断機器により検査を施行、画像情報をもとに診断し各科の診療を支援
  • 超音波診断センターでは、主に乳腺、甲状腺、肝胆膵などの検査・診断を行う
  • 核医学検査室では放射線同位元素を用い骨転移などを機能的評価により診断
  • インターベンショナル・ラジオロジーではカテーテルを用い、止血、抗がん剤動注、腫瘍血管の閉塞などの治療を行う


くわしくは放射線医学講座ホームページをご覧ください。

当診療科の得意分野・特色

医療安全への配慮

最先端の画像診断機器を用いて、被ばく低減(施設認定あり)など、医療安全にも最大限配慮したうえで検査を行っています。

医療の高度化、多様化への対応

各スタッフが専門領域を担当することにより、医療の高度専門化、多様化にも対応した画像診断・治療を行っています。

3 テスラMRI 装置(左)/頭部MRI画像(脳腫瘍)(右)

造影超音波検査(肝血管腫)

診療スタッフ

診療部長

尾尻 博也

診療医長

内山 眞幸、中田 典生、池田 耕士

実績

主な検査2017年度検査実績(件数/年)
CT59,008件
MRI27,085件
超音波検査15,312件
核医学4,641件

関連リンク

  • 待ち時間をお過ごしの方、付添いの方

    カフェ、売店などの施設、
    携帯電話の通話可能エリアのご案内

    院内施設

    無線LAN無料接続サービス利用規約

  • スマイルカウンター(総合案内)

    バッジをつけている係員にご遠慮なくご相談ください。

    全面禁煙

    病院敷地内は全面禁煙です。

    マスク着用

    院内における感染防止対策のためご協力をお願いします。