本文へジャンプ

鼻中隔外鼻センター

2018年10月29日 現在

部長から皆さまへ

鼻は“機能”と“整容”に関わる重要な構造です。当センターの治療対象は、外傷や先天異常に伴う外鼻変形に起因する鼻閉、鼻弁狭窄に伴う鼻閉、鼻中隔矯正術後も残存する鼻閉など、従来の鼻中隔矯正術では治療の困難とされた病態です。
鼻中隔外鼻形成術は欧米や韓国では広く行われていますが、日本ではまだ普及していません。
当センターは鼻内手術を専門とする耳鼻咽喉科と、外鼻手術を得意とする形成外科のそれぞれの専門家が鼻中隔外鼻形成術を合同で行い、鼻閉改善に取り組むチーム医療を提供しています。


センター長/宮脇 剛司

診療内容

  • 耳鼻咽喉科と形成外科の合同手術により鼻の機能と形態の改善を目指した治療を提供
  • 今まで治療が困難とされた鼻中隔前弯や上弯の治療
  • 外傷による斜鼻、鞍鼻などの外鼻変形や、先天性疾患が原因と考えられる鼻閉の治療
  • 鼻中隔矯正術後の鼻閉残存例や鼻閉の悪化した患者さんの治療
  • 鼻弁狭窄症の診断と治療

※なお、通常の鼻中隔弯曲症やアレルギー性鼻炎の方は耳鼻咽喉科を受診してください。

当診療科の得意分野・特色

耳鼻咽喉科と形成外科の機能

鼻は呼吸という“機能”と、顔の印象につながる“整容”の両者に関わる重要な構造です。
鼻の変形が原因で鼻づまりになることもあり、鼻弁狭窄など従来の鼻中隔矯正術では治療が困難な場合もあります。
現在までに300 名近くの患者さんを治療してきましたが、より良い治療を目指し平成30 年より鼻中隔外鼻センターを開設しました。

診療の流れ

各専門外来・外来診療

No

専門外来枠名称

概要

外来診察日

主な担当医師

1

耳鼻咽喉科

CT検査やMRI検査や鼻腔通気度検査で鼻づまりなど鼻の機能検査やアンケート調査

月曜(午前)
火曜(午前)
水曜(第1、第3水曜午後は合同診療)

鴻 信義
飯村 慈朗
浅香 大也
森 恵莉
大村 和弘
光吉 亮人
高石 慎也
細川 悠

2

形成外科

3Dカメラを使用した鼻の形の評価とカウンセリング

月曜(午前)
火曜、水曜(第1、第3水曜午後は合同診療)

宮脇 剛司
梅田 剛
積山 真也

診療スタッフ

センター長

宮脇 剛司

診療医長

鴻 信義、飯村 慈朗、浅香 大也、森 恵莉、大村 和弘、光吉 亮人、高石 慎也、細川 悠

診療医員

梅田 剛、積山 真也

実績

耳鼻咽喉科と形成外科による合同手術件数

  • 待ち時間をお過ごしの方、付添いの方

    カフェ、売店などの施設、
    携帯電話の通話可能エリアのご案内

    院内施設

    無線LAN無料接続サービス利用規約

  • スマイルカウンター(総合案内)

    バッジをつけている係員にご遠慮なくご相談ください。

    全面禁煙

    病院敷地内は全面禁煙です。

    マスク着用

    院内における感染防止対策のためご協力をお願いします。