本文へジャンプ

心臓外科

2018年10月29日 現在

部長から皆さまへ

2018年6月1日より日本で最も古い、伝統ある心臓外科教室を引き継ぐことになりました。もともと東京で生まれ育ち、都立小石川高校卒業後、北海道大学入学。恵迪寮の六年間で人間関係の大切さを学び、北海道の大自然を謳歌しつつ、医学部スキー部ではクロスカントリースキーの厳しい競技の世界も経験してまいりました。卒後は北海道大学循環器外科ならびに関連病院にて研修後、足かけ九年間、ドイツ・ザールランド大学胸部心臓血管外科に勤務。約4600例の手術に参加、うち1900例で執刀する機会に恵まれました。なかでも同科を主宰するシェーファース教授は大動脈弁形成術の世界的権威で、大動脈弁閉鎖不全症を患う若年患者さんに対して人工弁置換術を回避する画期的な手術に数多く接することができたのは貴重な経験でした。2013年12月からは心臓血管研究所心臓血管外科部長として大動脈弁形成術のみならず数多くの重症症例を担当し、在籍した約4年半の間には急性大動脈解離も含む心大血管手術の在院死亡率0.3%を達成することができました。

このような良好な成績を残すことができたのは、わたしの従来からのポリシーである「ぶれない医療」、木で言えば力強い幹を持つことのお陰だと信じています。超高齢化社会に突入し、増え続けるハイリスク症例を安全に手術し、なおかつその効果を長期的に持続させて生命予後を改善するために現場にいま最も求められているのは「創の小ささ」や「心臓を止めないでやり遂げる」のを競い合うのではなく、真に患者さんのための最適な方法を柔軟に選択する能力ではないでしょうか?医学の進歩と共に、ますます複雑化、交絡化する病態に細やかに対応するテーラーメード医療が脚光を浴びているのと同様です。すなわちこれこそ「見栄えファースト」、「技術ファースト」、はたまた「外科医ファースト」ではなく、「患者ファースト」の姿勢だと信じています。本邦で最も長い実績を有する東京慈恵会医科大学心臓外科学講座を主宰するにあたっても、この信条は揺らぐことはなく、本学の建学精神である「病気を診ずして 病人を診よ」とも相通ずるものがあると思います。

力強い幹をさらに支えているのは地中に広大に張り巡らされた根ですが、根は外からは見ることができません。陰ながら良好な成績を支えてくれる多くの優秀でプロフェッショナリズムにあふれたスタッフと共に、病に悩む患者さんが以前と同じ機能と生活の質を回復できることを唯一の目標としてわれわれは常日頃診療に従事しています。ひとりでも多くの患者さんのお役に立てればわれわれにとってもこの上ない幸いです。

2018年6月吉日

診療部長/教授 國原 孝

診療内容

成人心臓外科

  • 大動脈弁疾患に対する大動脈弁形成術、大動脈弁置換術
  • 大動脈基部瘤・大動脈弁輪拡張症・マルファン症候群に対する自己弁温存大動脈基部置換術
  • 大動脈留・大動脈解離に対する大動脈置換術(基部、上行、弓部まで)
  • 大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁置換術 TAVR
  • 虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス術等の血行再建術、左室形成術等の虚血合併症に対する手術
  • 僧帽弁疾患(感染性心内膜炎をふくむ)に対する僧帽弁形成術、僧帽弁置換術
  • 心房細動等に対する不整脈手術(MAZE手術、肺静脈隔離術、左心耳閉鎖術等)
  • 弁膜症、大血管疾患の術後長期経過観察

小児先天性心臓外科

  • 新生児・チアノーゼ性心疾患を含む先天性心疾患の根治手術・段階的姑息手術
  • 機能的単心室をはじめとする先天性心疾患に対する段階的フォンタン手術
  • その他小児先天性心疾患手術全般(体重1kg未満の低出生体重児動脈開存症を含む)
  • 成人先天性心疾患(青年期以降)に対する手術(初回・再手術、他院術後を含む)
  • 小児・青年期弁膜症に対する人工弁置換手術、弁形成術
  • 小児・青年期不整脈に対するペースメーカー植え込み、不整脈手術
  • 小児・青年期心疾患(希少疾患・フォンタン術後を含む)の長期経過観察、治療方針決定
  • 先天性心疾患女性における妊娠、出産管理(外来診察、入院管理コンサルテーション)


くわしくは心臓外科学講座ホームページをご覧ください。

当診療科の得意分野・特色

成人心臓外科

遠隔期にわたる良好な生活の質の維持・向上を重視した術式を最優先し、難易度の高い手術を積極的に施行しています。
大動脈弁疾患に対しては、自己弁温存大動脈基部置換術を含む弁形成術、関連各科と連携したハートチームによる経カテーテル大動脈弁置換術TAVRを積極的に推進しております。
僧帽弁閉鎖不全症、特に感染性心内膜炎に対する弁形成術では良好な長期成績を維持しています。
大動脈疾患に対しては、スーパー大動脈ネットワーク協力施設として、重症・緊急症例に対応しています。
日本初の大学病院心臓外科講座として関東甲信越からの患者さんの長期経過観察を通じ遠隔期の高い生活の質に寄与する学術成果を発信しています。

小児先天性心臓外科

小児周産期医療を担う医科大学病院附属の母子センターの特性として、年齢別では1歳未満の新生児―乳児期手術が60-70%で概ね一定しています。
大学病院附属の母子センターとして近隣・関連の産科新生児科との連携により胎児診断例にも出生前より積極的に対応しております。
ファロー四徴症における自己肺動脈弁機能を最大限温存する最新の術式を含めた術式改良、・ラステリー型手術における遠隔期再手術回避を念頭においた最適な治療方針の提案など長期にわたる最善な結果を追求しております。
成人循環器内科との連携でフォンタン・複雑先天性心疾患術後の不整脈治療にも力を入れております。
関東圏をはじめとする自治体小児専門病院からのキャリーオーバー患者さんについても積極的に受入れ、妊娠・出産をふくむ問題についても周産期医療との連携により健全なライフサイクルの支援に努めております。
心筋保護法は当初より開発研究に携わった統合的血液心筋保護法Blood cardioplegiaを小児にいち早く標準とすることで手術成績の安定に寄与し、学会医療安全管理委員会推奨方法として広く国内への普及にも貢献しております。
再建方法における自己組織を有効利用した再建など術式・補助手段の改良を通じさらなる向上を目指しています。
日本初の大学病院心臓外科講座として関東甲信越から希少疾患等の患者さんの術後長期経過観察・手術経験を通じて遠隔期の高い生活の質に寄与する学術成果を発信しています。

各専門外来・外来診療

No

専門外来枠名称

概要

外来診察日

主な担当医師

1

成人心臓外科初診外来

初診の(成人)患者さんの治療方針決定

水曜(午前)

國原 孝

2

小児先天性心疾患外来

小児期先天性心疾患の術後フォローアップ(段階的手術をふくむ)

月曜(午前)

森田 紀代造

3

成人先天性心疾患外来

成人期に達した先天性心疾患症例の診断と治療

土曜日(午前)

宇野 吉雅

4

ペースメーカー外来

ペースメーカー植込後症例のフォローアップ

第3火曜日(午前)

木南 寛造

診療スタッフ

診療部長

國原 孝

診療副部長

森田 紀代造

診療医長

坂東 興、長堀 隆一、宇野 吉雅、儀武 路雄、松村 洋高

診療医員

山城 理仁、篠原 玄、中尾 充貴、木南 寛造、川村 廉

実績

2017年治療実績(総計162例)

昨年の成人手術症例は112例で、冠動脈バイパス術55例、弁膜症51例、大血管18例、不整脈9例、(重複を含む)、小児症例は51例、ペースメーカー12例でした。

関連リンク

  • 待ち時間をお過ごしの方、付添いの方

    カフェ、売店などの施設、
    携帯電話の通話可能エリアのご案内

    院内施設

    無線LAN無料接続サービス利用規約

  • スマイルカウンター(総合案内)

    バッジをつけている係員にご遠慮なくご相談ください。

    全面禁煙

    病院敷地内は全面禁煙です。

    マスク着用

    院内における感染防止対策のためご協力をお願いします。