本文へジャンプ

呼吸器内科

2018年10月29日 現在

部長から皆さまへ

呼吸器疾患の代表的疾患である、肺癌、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎・肺線維症といった代表的疾患はいずれも加齢と関連しております。
また、気管支喘息は高齢になると難治性となり、肺炎もまた、その死亡例の9割は高齢者であります。
従って、高齢化社会における呼吸器疾患の重要性は増加の一途であり、コモンかつ専門性の高い疾患に対する的確な診断と迅速な治療を行っています。


診療部長/教授 桑野 和善

診療内容

  • 特発性肺線維症を中心とした、びまん性肺疾患の気管支鏡による診断と抗線維化薬及び免疫抑制剤による治療、さらに在宅酸素療法を含む呼吸管理
  • 肺癌の気管支鏡による診断と、化学療法室を使用した外来抗がん剤点滴治療、遺伝子変異の検索と、それに対応した分子標的薬による治療
  • 慢性閉塞性肺疾患のHRCTと呼吸機能検査による診断と気管支拡張剤による治療
  • 気管支喘息の呼気一酸化窒素測定による診断と効果判定、重症患者の抗体製剤治療
  • 各種呼吸器感染症の迅速診断と治療
  • 睡眠時無呼吸症候群のポリソムノグラフィーによる診断とCPAP治療


くわしくは呼吸器内科ホームページをご覧ください。

当診療科の得意分野・特色

呼吸器内科が診療対象とする疾患は、びまん性肺疾患、肺癌、感染症、さらに急性から慢性の病態まで多岐にわたります。迅速かつ正確な診断、エビデンスに基づいた先端の医療の提供を心掛けています。また医療連携構築のため、愛宕呼吸器医療連携研究会、呼吸器トータルケアセミナーや、市民公開フォーラムを開催しています。

市民公開フォーラム2017「呼吸とこころ」

愛宕医療連携研究会

呼吸器トータルケアセミナー

各専門外来・外来診療

No

専門外来枠名称

概要

外来診察日

主な担当医師

1

睡眠時無呼吸症外来

睡眠時無呼吸症候群の診断と治療

水曜日(午後)
金曜日(午前)

荒屋 潤
皆川 俊介
原 弘道

診療スタッフ

診療部長

桑野 和善

診療副部長

荒屋 潤

診療医長

沼田 尊功、原 弘道

診療医員

皆川 俊介、和久井 大

実績

2017年度外来初再診数

2017年度外来患者疾患別割合

関連リンク

  • 待ち時間をお過ごしの方、付添いの方

    カフェ、売店などの施設、
    携帯電話の通話可能エリアのご案内

    院内施設

    無線LAN無料接続サービス利用規約

  • スマイルカウンター(総合案内)

    バッジをつけている係員にご遠慮なくご相談ください。

    全面禁煙

    病院敷地内は全面禁煙です。

    マスク着用

    院内における感染防止対策のためご協力をお願いします。