本文へジャンプ

リウマチ・膠原病内科

2018年10月29日 現在

部長から皆さまへ

当診療科ではリウマチ性疾患(関節や筋肉に痛みやこわばりが起こる病気)の診療を行っています。免疫の異常によって起こる膠原病も、リウマチ性疾患に含まれます。これらの病気では、多臓器にわたる全身的な病変が問題となることが多いです。そのため、主治医が他診療科と連携をとりながら全身を総合的に把握して診断・治療を進めていきます。
関節リウマチをはじめとする膠原病は難病とイメージされがちですが、近年治療法が進歩し病気のコントロールが可能となりました。患者さんは、適切な治療を受ければ充分に満足する生活を送ることができます。慢性の病気に対し良い診療を行うには、医療スタッフと患者さんの協力関係が大切です。当診療科では、本学の建学の精神「病気を診ずして病人を診よ」の考えに基づき、患者さん一人ひとりの生活観や病気の状態に合わせた治療をするように努めます。


診療部長/教授 黒坂 大太郎

診療内容

  • 関節リウマチをはじめとする膠原病の早期診断と治療
  • 免疫抑制薬や生物学的製剤を用いたリウマチ性疾患の治療
  • 外来化学療法室を利用した生物学的製剤の安全な点滴投与
  • 医師および専門看護師による生物学的製剤の自己注射の指導
  • 関節超音波検査を用いたリウマチ性疾患の診断と活動性の評価
  • リウマチ性疾患および膠原病患者における痛みに関する臨床研究
  • 膠原病患者における筋膜炎に関する臨床研究


くわしくは内科学講座ホームページをご覧ください。

当診療科の得意分野・特色

日本リウマチ学会認定教育施設であり、認定指導医・専門医5名を有し、膠原病全般に対して幅広く対応しています。患者さんひとりひとりに合ったきめ細かな治療を目指しております。
膠原病は全身の病気でありますので、関係する他の診療科(整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、内科各科など)と連携をとりながら治療をしております。

各専門外来・外来診療

No

専門外来枠名称

概要

外来診察日

主な担当医師

1

リウマチ・膠原病外来

リウマチ・膠原病全般の診療を行います。

月~金曜日(午前・午後)
土曜日(午前)

黒坂 大太郎
吉田 健
浮地 太郎
古谷 和裕
野田 健太郎
伊藤 晴康
大谷 一博

診療スタッフ

診療部長

黒坂 大太郎

診療医長

吉田 健

診療医員

浮地 太郎、古谷 和裕、野田 健太郎、伊藤 晴康、大谷 一博

実績

初診患者数(延べ)

紹介患者数

関連リンク

  • 待ち時間をお過ごしの方、付添いの方

    カフェ、売店などの施設、
    携帯電話の通話可能エリアのご案内

    院内施設

    無線LAN無料接続サービス利用規約

  • スマイルカウンター(総合案内)

    バッジをつけている係員にご遠慮なくご相談ください。

    全面禁煙

    病院敷地内は全面禁煙です。

    マスク着用

    院内における感染防止対策のためご協力をお願いします。