本文へジャンプ

消化器・肝臓内科

2020年04月01日 現在

部長から皆さまへ

内科学講座 消化器・肝臓内科の診療体制について

内科学講座 消化器・肝臓内科の診療は、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓と多岐にわたり、それぞれの臓器に炎症性や機能性の疾患、悪性疾患が存在することから疾病数も多く、正しく診断をすることが大切です。
そこで当講座では、「消化管班」「肝臓班」「胆膵班」「腫瘍班」の4つの専門分野に分け、各分野の医師が専門的な診療・治療を行っています。
また、当講座には疾病数だけでなく、内視鏡や超音波下の各種治療あるいは化学療法など治療選択も多く、各患者さんにあった治療を提供できるよう努めて参ります。
建学の精神である「病気を診ずして 病人を診よ」をしっかりと胸に刻み、「慈恵大学病院にいけば必ずしっかりと治療してくれる」とご満足頂ける診療科を目指して参ります。診断がつかずお悩みになっていたり、他院で治療が難しいとされた場合でも、どうぞ一度ご相談ください。


診療部長/教授 猿田 雅之

診療内容

  • 潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病に代表される炎症性腸疾患の診断と治療
  • 炎症性腸疾患に対する各種国際臨床治験の実施(潰瘍性大腸炎7試験、クローン病7試験 実施中)
  • 炎症性腸疾患に対する新規バイオマーカーの検討
  • 胃ピロリ菌感染および関連する胃癌の診断と治療
  • 悪性リンパ腫をはじめとした各種小腸腫瘍の内視鏡診断と治療
  • 自己免疫性肝疾患(自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変)の診断と治療
  • ウイルス性慢性肝炎および肝硬変に対する診断と各種抗ウイルスを含めた治療
  • 非アルコール性脂肪性肝炎の診断と治療
  • 肝細胞癌の診断と治療
  • 胆道、膵疾患における各種内視鏡検査と画像診断を組み合わせた早期診断と治療
  • 自己免疫性膵炎の診断と治療
  • 進行期の各種消化器癌に対する各種化学療法


くわしくは消化器肝臓内科ホームページをご覧ください。

当診療科の得意分野・特色

多様な診療体制を提供

当科は「消化管班」「肝臓班」「胆膵班」「腫瘍班」という4 つの研究班に再編成し、全消化管、肝臓、胆道、膵臓など消化器領域全ての疾患に対する診療・治療が可能な体制をとっています。
特に、潰瘍性大腸炎とクローン病、腸管ベーチェット病に代表される炎症性腸疾患の診断と治療に関しては当科の最も得意とする領域です。
さらに、消化器内科の専門性に加え、他領域の疾患の合併症にも対応できるよう、内科全般の診療にも精通しています。

消化器・肝臓内科における炎症性腸疾患の患者数推移

潰瘍性大腸炎やクローン病、腸管ベーチェット病に代表される炎症性腸疾患は、若年者に多い疾患ですが、慢性化し完治し得ないことから難病に指定されています。
患者数も年々増加しており、その病態解明と新規治療の開発が急務とされております。東京慈恵会医科大学でも患者数は激増しており、本院(図1)だけでなく柏病院、葛飾医療センター、第三病院の附属分院をあわせると3000名を超える患者さんが通院しています。長期に安定した寛解状態を目指すだけでなく、同疾患の解明と完治に向けた治療法ができるよう臨床・研究・国際治験に邁進しております。

膵癌早期発見の取り組み

近年膵癌による死亡者数は増加傾向にあり、現在胃癌、大腸癌、胃癌に次いで第4位となっております。 予後不良な癌として知られており、診断時に切除可能な症例は3割程度、全体の5年生存率は1割以下、StageⅠで診断しても5年生存率が約5割であります。このため当科は膵癌を早期診断することに注力することが急務と考えております。 膵癌の危険因子としては家族歴、慢性膵炎、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)、糖尿病等があり、これらを有する患者を囲い込み定期的に画像検査でスクリーニングを行うことで膵癌の早期発見および予後改善に寄与する可能性があると考え、当科において実践しております。US、CT、MRCPなどで軽微な膵管拡張や膵嚢胞性病変などの間接所見がみられた場合、積極的にEUSを施行し、所見に応じてEUSガイド下穿刺吸引細胞組織診(EUS-FNA),ERPを施行して確定診断を行っております。

各専門外来・外来診療

No

専門外来枠名称

概要

外来診察日

主な担当医師

1

消化管・IBD外来

炎症性腸疾患の診断と治療

月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、土曜日

猿田雅之
加藤智弘
櫻井俊之
豊永貴彦
宮崎亮佑
宮下春菜
澁谷尚希

2

化学療法外来

消化器領域の癌に対する化学療法

月曜日~金曜日
(午前)

澤田亮一
西村尚
永田祐介
石本詩子

診療スタッフ

診療部長

猿田 雅之:消化管、肝胆膵疾患一般(炎症性腸疾患、消化管疾患)

診療副部長

石川 智久:消化管、肝胆膵疾患一般(肝、胆道疾患)

診療医長

天野 克之:消化管、肝胆膵疾患一般(消化器腫瘍、肝疾患)
鳥巣 勇一:消化管、肝胆膵疾患一般(肝、胆道、膵疾患)
光永 眞人:消化管、肝胆膵疾患一般(消化管疾患)
及川 恒一:消化管、肝胆膵疾患一般(肝、胆道疾患)
佐伯 千里:消化管、肝胆膵疾患一般(肝、胆道疾患)
中野 真範:消化管、肝胆膵疾患一般(肝、胆道疾患、膵疾患)
櫻井 俊之:消化管、肝胆膵疾患一般(炎症性腸疾患、消化管疾患)

診療医員

山﨑琢士、高倉一樹、豊永貴彦、澤田亮一、冨田陽一、上田薫、西村尚、永田祐介、宮崎亮佑、中川千夏、石本詩子、宮下春菜、木下勇次、澁谷尚希、嶋田真梨子、岩下祐子

実績

病床数66
入院患者数24,946名/年間
外来患者数57,144名/年間
上部内視鏡10,954件/年間
下部内視鏡7,170件/年間
小腸内視鏡251件/年間
カプセル内視鏡 128件/年間
胆膵内視鏡(ERCP)490件/年間
胆膵超音波内視鏡716件/年間
胆膵超音波内視鏡下針生検86件/年間
炎症性腸疾患の新規登録患者潰瘍性大腸炎63名/年間、クローン病56名/年間、腸管ペーチェット病5名/年間
肝生検/腫瘍生検腫瘍生検:96件/年間
ラジオ波など肝臓癌局所療法21件/年間
経カテーテル的肝臓癌治療61件/年間
消化器領域の腫瘍に対する化学療法進行・再発大腸癌 96名/年間、大腸癌術後補助化学療法 29名/年間、食道癌・胃癌 19名/年間、胆道癌・膵癌 48名/年間

(2019 年度)

関連リンク

  • 待ち時間をお過ごしの方、付添いの方

    カフェ、売店などの施設のご案内

    院内施設

    無線LAN無料接続サービス利用規約

  • 総合案内

    係員にご遠慮なくご相談ください。

    全面禁煙

    病院敷地内は全面禁煙です。

    マスク着用

    院内における感染防止対策のためご協力をお願いします。