本文へジャンプ

セミオープンシステムについて

東京慈恵会医科大学附属病院母子医療センター
セミオープンシステムのご案内

東京慈恵会医科大学附属病院母子医療センター セミオープンシステムのご案内

当院は東京都から認定された総合周産期母子医療センターであり、また大学附属病院という特性上、高度な医療を提供することができる施設です。そのため、安全な周産期管理を提供させて頂くことが可能です。

出産は当院で行いたいけれども、それ以前の妊婦健診に関しては、職場や自宅から近いクリニックで行いたいというご希望を持つ方が少なからずいらっしゃいました。そうした方々のご希望に応えさせて頂きたく、セミオープンシステムをご案内いたします。

セミオープンシステムとは?

地域の診療所やクリニックと病院が連携をとり、妊婦健診は診療所やクリニックで行い、妊娠後期の妊婦健診や分娩管理、また夜間休日の救急対応は、連携する病院で行うシステムです。

セミオープンシステムとは?

メリット

  • 妊婦健診を職場や自宅の近くで受けることが可能です。
  • 夜間や休日、祝日などに診療が必要な場合は当院を受診頂くことが可能です。
  • 分娩管理を当院で行い、母児に安全な医療を受けて頂くことができます。

デメリット

  • 妊娠の途中から当院に通うことになりますので、途中からの通院が不安にお感じになる方がいらっしゃるかもしれません。

当院でのセミオープンシステムの健診スケジュールに関して

当院でのセミオープンシステムの健診スケジュールに関して当院でのセミオープンシステムの健診スケジュールに関して

  • 当院のセミオープンシステムをご希望される妊婦の皆様は、妊娠14週までにかかりつけの施設からの紹介状をお持ちになって当院を受診してください。直接ご来院頂いても結構ですが、かかりつけの施設から当院の医療連携室経由で予約を取得して頂いた方がスムーズに予約できます。
  • かかりつけの施設からご予約頂く場合は、当院指定のFAX予約診療申込用紙をFAXにてお送り頂いております。
    申込用紙、紹介目的欄に「セミオープンシステム希望・出産予定日○月○日」とご記入頂きますよう、かかりつけの施設にお伝え願います。
  • 初診担当医が、セミオープンシステムの登録と、次回健診及び助産師外来の予約を取得致します。妊娠30週以降の妊婦健診は当院で行わせて頂きます。
  • 当院で周産期管理を行う上で必要な検査を追加させて頂く場合がございますので、ご了承ください。

**注意事項**

  • 当院初診時にリスクが高いと判断された方は、セミオープンシステムをご利用できない場合がございます。その場合、当院での出産をご希望される場合は、通常の健診スケジュールで当院に通院して頂きます。
  • 母児の安全を確保するために、セミオープンシステムをご利用になれる人数の上限を決めさせて頂いております。上限を超えてしまった場合は、セミオープンシステムはご利用できませんので、ご了承ください。
当院でのセミオープンシステムの健診スケジュールに関して
  • 初診手続時間

    • 平日8時00分~11時00分
    •   11時00分~15時00分
    • 土曜8時00分~11時00分
  • 休診日

    • 日曜・祝日
    • 大学記念日(5/1、10月第2土曜)
    • 年末年始(12/29〜1/3)
  • 大代表

  • 知りたいことが
    見つからない場合は

    • 症状検索

    • 病名検索