本文へジャンプ

妊娠に対してお悩みの方へ

これから妊娠・出産をお考えの方で、一人目のお子さまやご両親に病気があった方、合併症をお持ちの方、お薬を内服されている方などは、妊娠・出産が赤ちゃんや自らの命を脅かす場合があるのではないかと不安を抱えていたり、悩まれたりしている方も多いと思います。

そういった疾患などは妊娠前から適切に管理し、妊娠に向けてお薬などを調整することで、お母さんや赤ちゃんを安全に導きリスクを減らすことができます。
当センターでは適切な診療部門と連携のうえで、可能な限り当院で妊娠管理を行っています。
どうすれば妊娠・出産・育児生活を安心・安全にすることができるかご相談ください。

病気や合併症をお持ちの方

多くの病気や合併症は妊娠前から適切に管理することで、お母さんや赤ちゃんの合併症のリスクを減らすことができます。
循環器疾患や腎疾患など妊娠中に悪化すると赤ちゃんに影響が出るために、より慎重な管理が必要になる疾患もあります。
心疾患や脳血管疾患などは、分娩時にお母さんの負担が大きくなることもあります。
当センターでは、各診療部門と連携しながら適切に妊娠管理を行い、お母さんと赤ちゃんにとって最適な分娩方法・時期を決めていきます。

内服されているお薬のことでお悩みの方

現在内服しているお薬が赤ちゃんに影響するのではないかと心配されることが多いと思いますが、お薬による赤ちゃんへの影響よりも、ご自身の判断でお薬を止めてしまうことによる、お母さんの病状の悪化の方が赤ちゃんにとって悪影響になることが多いです。
適切にお薬を選択し治療を続けることで、より安全に妊娠を継続することが可能になります。
お一人で悩まず、必ずご相談ください。

以前の妊娠経過のことでお悩みの方

以前の妊娠でお母さんや赤ちゃんに病気があった方は、次に妊娠した時にまた同じことが起こるのではないかと心配されることが多いと思います。
次の妊娠時にも同じことが起こる可能性が高い病気もありますが、予防できる病気もあります。妊娠の初期からの管理が大事になる病気もありますので、お気軽にご相談ください。
前回の妊娠・出産が当院以外の方は、妊娠・出産経過がわかるものがあればご持参ください(なくても構いません)。

  • 初診手続時間

    • 平日8時00分~11時00分
    •   11時00分~15時00分
    • 土曜8時00分~11時00分
  • 休診日

    • 日曜・祝日
    • 大学記念日(5/1、10月第2土曜)
    • 年末年始(12/29〜1/3)
  • 大代表

  • 知りたいことが
    見つからない場合は

    • 症状検索

    • 病名検索