本文へジャンプ

専門ドック

人間ドック受診者の方を対象に、臓器・病態別専門ドックを行っています。
なお、全て予約制となっておりますのでご注意ください。結果は書面でご報告いたします。
※オプション検査・専門ドックについては、単独ではお申し込みできません。必ず基本コースとともにお申し込みください。

年齢・性別でおすすめの
専門ドック

専門ドック料金(税抜)〜30歳代40歳代50歳代60歳代〜
男性女性男性女性男性女性男性女性
脳ドック48,000円
心臓ドック10,000円
肺がんドック22,000円
糖尿病ドック9,820円
骨ドック5,400円
性ホルモンドック女性:8,550円
男性:3,400円
大腸がんドック23,250円
もの忘れドック39,000円
PETがんドック130,000円

※基本コースの金額は含まれない、専門ドックのみの費用となります。
より詳しくご検討されたい方は、こちらも合わせてご参照ください。

専門ドック詳細

脳ドック

高齢化社会により脳を脅かす脳卒中や痴呆などの神経疾患が増加しています。これらの疾患はある日突然起こるものではなく、必ず前段階といえる状態が背景にあります。脳ドックはこのような潜在的な脳疾患の早期発見を目的としています。

料金48,000円
所要時間2時間30分
実施日第2・4土曜 午後
受診がすすめられる方
  1. 現在、神経に関する自覚症状はないが、人間ドックで脳卒中や痴呆を起こしうる危険因子(高血圧、脂質異常症、糖尿病、不整脈、喫煙)を指摘された方
  2. 時々、頭痛、めまい、耳鳴り、ロレツが回らない、手足のしびれ、物忘れなどの症状がある方
  3. その他の理由で脳疾患の有無を知りたい方(家族的に脳卒中や痴呆が多いなど)
受けられない方心臓ペースメーカー、人工内耳、体内電子機器、脳動脈瘤クリップもしくはコイル、取り外せない義足および義手、人工関節(手術後3カ月以内)、金属製人工弁(手術後10日以内)、マグネット脱着式の義歯、妊娠中、入れ墨のある人、閉所恐怖症
検査内容・方法
  • 頭蓋内疾患の早期発見と予防のための基本的検査で、神経心理検査、神経専門医による神経内科学的診察
  • 頭部MRI・MRA検査・頚椎X線検査
  • 頚動脈超音波検査(別途追加4,000円)

心臓ドック(対象:人間ドック受診者のみ)

心臓病は死因の第2位です。心臓ドックでは、トレッドミル運動負荷により、人間ドックで行われる安静時心電図では診断しにくい狭心症・心筋梗塞の可能性を探ります。積極的にご利用ください。

料金10,000円(税抜)
所要時間30分
実施日第2・4水曜 午後
受診がすすめられる方
  1. 40歳以上の男性、50歳以上の女性で、とくに糖尿病、高血圧、脂質異常症の方、喫煙者
  2. これから運動を積極的に行おうと考えている方
受けられない方すでに心臓病に罹っている方、心電図が左脚ブロック、WPW症候群の方、血圧が180以上の方、この1カ月、胸痛がひどくなっている方、かけ足のできない方
検査内容・方法
  1. まず心電図を取りつけます。胸毛が多く生えている場合、一部剃らせていただくことがあります。
  2. ベルトコンベアの上に乗り、歩行を開始します。3分毎にスピードが増し、傾斜も強くなります。
  3. 年齢により算出された心拍数になるまで運動をします(約7~10分)。途中で胸痛や足のだるさがでた場合は中止します。
  4. 運動中および終了後6分間、血圧測定と心電図記録を行います。
  5. 検査は循環器専門医と検査技師の下で行います。しかし、日頃運動されていない方、隠れた心臓病がある方では、4万人に1人の割合で検査中に心筋梗塞が発生します。万一体に異常が起きた場合はすみやかに応急処置をいたします。
当日ご用意いただくもの運動靴、半袖のTシャツ、汗かきの方は下着

肺がんドック(対象:人間ドック受診者のみ)

肺がんは近年増加の一歩をたどり、1994年には男性がん死亡原因第1位の胃がんを抜いて第1位になっています。人間ドックでの肺がんに関する検査は、胸部X線写真により、正面と側面から行っています。しかし、この場合、肺の中心部は肺ガンの発生頻度の高いにもかかわらず心臓や太い血管に隠れて診断が困難であるため、十分といえません。肺がんドックでは、肺中心部に発生したがんなどの早期発見を目的としています。積極的にご利用ください。

料金22,000円(税抜)
所要時間30分
実施日営業日全日
受診がすすめられる方
  1. 50歳以上、とりわけ喫煙者
  2. 最近セキやタンの出方が多くなっている方
  3. 家系に肺がんが多い方
受けられない方妊娠の可能性のある方、および妊娠されている方はご遠慮ください。
検査内容・方法 マルチスライスCT検査:肺の断面写真を撮影により肺中心部に発生したがんを発見します。
喀痰細胞診検査:事前に郵送します容器(3個)の中に痰を入れていただきます。
気管支内に発生したがんを発見します。

糖尿病ドック(対象:人間ドック受診者のみ)

糖尿病の大部分はインスリン非依存型糖尿病です。このタイプの糖尿病の経過は、境界型糖尿病期、糖尿病期と進んでいきます。とくに失明や腎不全などのさまざまな合併症をおこす糖尿病の予防には、境界型糖尿病期での早期発見が重要になります。

料金9,820円(税抜)
所要時間3時間
実施日営業日全日 午前8時30分~
受診がすすめられる方
  1. 空腹時血糖が100-125mg/dLの方
  2. ヘモグロビンA1cが5.2%~6.0%の方
  3. 家系に糖尿病のおられる方
  4. 肥満の方、20歳時より体重が10kg以上増加した方
受けられない方
  1. 糖尿病の治療中の方
  2. 空腹時血糖が126mg/dL以上の方
  3. 妊娠の可能性のある方、および妊娠されている方
検査内容・方法
  • 75g経口ブドウ糖負荷試験空腹状態で採血した後、75gのブドウ糖を含む水溶液を飲んでいただきます。
  • その後30分おきに2時間まで採血し、血糖とインスリンホルモンを測定します。
    なお前日の夕食は21時までに済ませてください。当日の朝は一切飲食・喫煙をせずに来所ください。

骨ドック(対象:人間ドック受診者のみ)

骨粗鬆(こつそしょう)症は、骨の成分であるカルシウムなどが減少し、骨の強度が低下し骨折しやすくなる病気です。高齢者や閉経以後の女性に多く見られ、腰椎や大腿骨などが骨折しやすくなります。骨折は身近な生活状況で発生し、とくに大腿骨頚部骨折が原因で寝たきりになる場合が多いので、骨粗鬆症の予防に心がけることはたいへん重要なことです。一番効果的な予防策は、骨密度を測定して骨の状態を早く知ることです。

料金5,400円(税抜)
所要時間5分
実施日営業日全日 午前8時30分~
受診がすすめられる方
  1. 50歳以上の女性、60歳以上の男性
  2. 足腰に痛みや不安がある方
  3. 身長が低くなったり、背中が丸くなった方
  4. 家系に骨粗鬆症のおられる方
受けられない方妊娠の可能性のある方、および妊娠されている方はご遠慮ください。
検査内容・方法1ショット撮影方式による骨密度測定方式です。従来のラインスキャン方式にくらべて検査時間が大幅に短縮されました。また、立位にて検査を行いますが、身体を動かしてしまうことによる影響が少ない方式ですので、安心して検査を受けることができます。

性ホルモンドック(対象:人間ドック受診者のみ)

女性の場合

多くの女性の方は閉経前後の40歳後半から50歳前半にかけて「更年期障害」に悩まされます。肩こり、ほてり、発汗、冷え、動悸、イライラ、不眠その他の不快な症状です。ところで、問題なのは、このような症状が、高血圧、心臓病、うつ病などの病気と見分けがつきにくい点です。これらの病気を識別するために女性ホルモンドックでは、血液検査でホルモンの乱れがあるかどうかのチェックをします。これにより適切な診断がされ、必要に応じて婦人科外来のご紹介をします。

男性の場合

フリーテストステロンがある一定の値を下回るとLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症)の症状が現れやすくなります。主な症状は疲労感、やる気の減衰、筋力の衰えなどです。男性ホルモンドックでは問診票と血液検査フリーテストステロンの値からLOH症候群の診断を行います。必要に応じて泌尿器科外来を紹介します。

料金女性 8,550円(税抜)
男性 3,400円(税抜)
所要時間20分
実施日営業日全日 午前
受診がすすめられる方上記の症状で悩まれている方

大腸がんドック(対象:人間ドック受診者のみ)

大腸がんは女性死因の第1位、男性死因の第3位です。大腸がんのスクリーニング検査として便潜血検査があります。しかしながらこれが陰性でも大腸がんなどの病変がないとはいいきれません。大腸内視鏡による検査で、大腸がん、大腸ポリープなどの病気をみつけるのがこのドックです。

料金23,250円(税抜)
病変が発見され、同時に組織検査(良性・悪性かを顕微鏡で判定)を行う場合は別途10,000円必要となります。
所要時間1日
実施日毎週火・木曜 午前9時~昼過ぎ
受診がすすめられる方
  1. 50歳以降
  2. 両親が大腸癌に罹った
検査内容・方法(選択式)(1)大腸内視鏡検査、(2)カプセル内視鏡検査(※2019年4月対応予定)
検査前の注意血液をサラサラにする薬、サプリメントを内服されている場合は5日以上前から中止していただくことがあります。説明日に具体的にご説明します。
実施前説明人間ドック当日もしくは、大腸ドック2週間より前に概要の説明、同意書、検査前日の薬のお渡しなどを行うため来所していただきます。