本文へジャンプ

新橋健診センターについて

新橋健診センターについて

ご挨拶

当センターは昭和23年(1948年)より始まる長い歴史を有する予防医学専門の医療施設です。

予防医学において皆様方が期待されることは、病気が顕在化する前にその発症を予防すること、その予兆を発見すること、またその対策、万一発生した場合には早期に発見すること、などと思います。もちろん全ての疾患に対して万全の予防は困難ですが、高齢化社会や生活習慣の最近の大きな変化を受けて、がんや生活習慣病・慢性疾患など、対象とする病態も刻々と変化してきております。この様な背景の下、当センターでは、以前から扱っている重要な疾患群はもちろんですが、時代に要求される新たな疾患群に対しても効率よく対応できる体制を心がけております。

当センターの特色として、予防医学の基本となる診療手段だけでなく、高次医療機関と同レベルの高性能な検査機器を早期に導入することで、全身の系統的な検査を行い、かつ短時間(約2時間)で能率的に行うシステムを構築しています。さらに重要疾患に特化した各オプションもご用意し、様々なご要望に対応出来るように心がけています。

人間ドックの基礎コースはまず例外なく受けて頂く基本コースですが、各オプションについてはホームページ上でもご紹介しております。また、お渡しする報告書は大変重要で是非ご参考にして頂きたいと思います。複数名の医師により何重にもチェックを受けて発行しており、同時に当センターでは健診データを最低10年間保存しておりますので、過去データや現在の診察時の健康状態を照らし合わせて総合的に判定・アドバイスしています。なお、精密検査・治療をご希望される場合には、東京慈恵会医科大学附属病院の4病院の専門医にご紹介も可能です(この場合は保険診療になります)。

診療部長:加藤 智弘

診療スタッフ

診療部長加藤 智弘
医長伊藤 恭子、野木 裕子、宇都宮 一典(客員診療医長)
診療医員湯川 豊一、小林 寛子、三間 康之
医師数常勤6名、非常勤16名

センターの理念

東京慈恵会医科大学創設者高木兼寛による「病気を診ずして 病人を診よ」の教えに基づき、質の高い医療を実践し、受診者様から信頼されるセンターをめざします。

基本方針

  1. 受診者様が満足する良質な医療を実践します。
  2. 優れた技能を身につけ、日々、医療水準の向上に努めます。
  3. 全職員が誇りをもって働ける職場づくりを実践します。

受診者様の権利

医療は健診受診者と医療提供者との信頼関係で成り立っております。当センターでは、すべての受診者に次の権利があるものと考え、これらを尊重した医療を行います。

  • 良質で安全な医療を公平に受ける権利があります。
  • ご自分の希望や意見を述べる権利があるとともに、希望しない検査を拒否する権利があります。
  • 理解しやすい言葉や方法で、十分な説明と情報提供を受ける権利があります。
  • 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られる権利があります。

診療内容

当新橋健診センターは、昭和23年に、労働衛生管理相談所を前身として設立。健康に関するよき助言者として、18歳以上を対象とした人間ドック、専門ドックほか各種の健康診断を行っています。

  • なお、全て予約制となっておりますので、お電話等でお問い合わせ下さい。
  • 料金は全て、税別で表示しています。健康保険は使用できません。クレジットカードは、AMEX、JCB、Diners、Discover、Master、MUFG、Visa、UCのご利用が可能です。
  • 休診日:大学記念日(5月1日、10月第2土曜)、年末年始(12月29日~翌年1月3日)

研究

  1. ライフスタイルと疾病の関係
  2. 6つの健康習慣 一無(無煙)、二少(少食・少酒)、三多(多動・多休・多接)の有効性
  3. 正常眼圧緑内障
  4. 保健指導の効果や受診率向上対策
  5. 健診における医長安全対策
  6. 胃がん健診の状況と今後
  7. 膵臓がん検診の現状と今後
  8. 認知症の予防と早期発見
  9. 女性の生殖機能評価
  10. 子宮頸部細菌叢の働き
  11. 精神疾患と心電図異常
  12. 腎嚢胞の経過

健診者数

年間受診者数 18,027名(2019年度実績)

(内訳)

  • 人間ドック 7,313名
  • 雇入れ時健診 1,139名
  • 定期健診 6,688名
  • 特殊健診 2,245名
  • 予防接種 381名
  • その他 261名